Top

お知らせ

秋が近づいてきましたが、みなさまお元気でお過ごしですか。
ワクチン接種も済みましたがまだまだ気が抜けません。出来る限り皆様の活躍の場が増えることを、また皆様にホールでお会いできることを、心から願っています。
お急ぎの場合は、ご要望のところにお書きください。こちらからご連絡させていただきます。

新商品のHKファクトリーという管楽器のカスタムパーツ製作会社のファゴットボーカルリングですが、大好評で続々レビューが届いています。
9月12日から発売をはじめ、多くのお客様に効果を実感していただいております。
これからも、この商品をクオリティーを維持してお届けできるよう努めてまいります
只今、大変ご好評で、注文から発送まで2週間ほどお時間をいただています。申し訳ありませんが、ご了承ください。


また、ボーカルリングのラインナップを追加しました。
明るめの音が好きで抵抗感が少ない方に好評のWシリーズの金メッキを発売できることになりました。 Nに金メッキをかけたものが、僕個人的に愛用しているのですが、Wに金メッキをしたらどうなるのだろうかという好奇心から試作を依頼しました。出来上がってきたものを吹いてみると、高音の伸びが良いWシリーズにさらに響きの角がとれ、N金メッキに比べると明るめな響きになりました。これは、マーラーやショスタコーヴィッチなど大編成のオーケストラやソロの曲で大活躍すると思います。テナー音域が重いとお悩みの方にもWシリーズはお勧めです。テナー音域の抵抗感が強い楽器にもお勧めです。

10月より、ボーカルリングをすでにお買い上げのお客様に、金メッキの再加工を4000円でお受けすることができます。お気軽にご相談・ご検討ください。

僕自身、ボーカルリングは愛用していて、オーケストラの本番でももちろんここ最近では外すことはできません。 久しぶりに、リングを外すと、その違いにびっくりさせられます。
このリングをつけることによって、ボーカルのグレードがアップしたように感じます。 また、リードの性格に合わせて色んなタイプを付け替えることによってリードの足りない部分を補うこともできます(少し暗めのリードの場合、リングをつけると明るくなります など)。
なにより、つけ外しが簡単なのが最大の魅力です。
ファゴットのパーツ代(消耗品を除く)としては、一番安く、大きな効果が得られます。
詳しい説明は久住雅人official siteに載せました。
一度お試しください。

また、ボーカルリングの商品レビュー「お客様の声」を追加させていただきました。ご参考にしてください。

完成リードでは、おまかせ材のご要望欄にご記入いただきたら、ご要望に合わせてお出しすることも可能です。

ブログでも事前に告知していましたが, 只今、工房2021オリジナルピンバッジを4000円以上お買い上げのお客様に1個プレゼントさせていただきます。ご注文お待ちしています。
もちろん、ピンバッジのみの購入も可能です。
ピンバッチ単品購入の場合1個600円ですが、この場合400円の送料と発送手数料がかかってしまいます。ご了承ください。


さあ、芸術の秋がやってきます。音楽ライフを満喫してください。インスタも出来るだけ毎日アップしています。見てください!!

お急ぎの方は、下記の取扱店へお問い合わせください。
店頭販売店

ドルチェ楽器
ノナカダブルリードギャラリー
三木楽器ウインドフォレスト
新大阪駅前管楽器専門店Valoir
管楽器専門店DAC
鳥山楽器

今後も皆様に愛用していただけるリードをお届けできるよう心がけています。
10月も素敵な音楽ライフを。(=^ェ^=)

商品レビュー

About the owner

久住 雅人(クスミ マサト)

梅雨の峠の候、いかがお過ごしでしょうか。
この度、ホームページを開設しました、大阪フィルハーモニー交響楽団でファゴットを吹いている久住雅人です。今現在ファゴット(バスーン)人口は増加傾向にあり、私も何年か前から関わっている、関西ファゴットフェスティバルでも、年々、参加者が増え、大変喜ばしく思っています。
その活動や、いろいろな学校関係のレッスンまたは、個人レッスンなどで強く感じるのは、演奏は、リードに大いに左右されるのに対し、良いリードを常にキープするのが困難である様に思われます。
そこで、今回ホームページ上でもリードを販売することにしました。楽器店などに並ぶリードは、楽器店の利益が加算されており、どうしても高価になってしまいます。ここでは、制作者から直で購入できるので、その利益の分、比較的安く手に入れることができます。
しかし、デメリットとして、吹いて選ぶことはできません(個人レッスンは除く)。もちろん1本1本吹いて調節しております。一度目を通して頂き、ご検討していただけたらと思います。

これからも、多くの方が楽しくファゴットを演奏できることを願っています。

2005-07-13

経歴
*1996年
大阪音楽大学音楽学部器楽学科
ファゴット専攻入学
*2001年
同大学を首席で卒業
*大阪音楽大学オペラハウス管弦楽団ファゴット奏者を経て、現在、大阪フィルハーモニー交響楽団1番ファゴット奏者



Top